トップページ > サービス事例一覧 > ★ 「スピーカー交換プラン キャンペーン」のお知らせ

【御持ち込みパーツの取り付け、及び施工について】

【御持ち込みパーツの取り付け、及び施工について】

日頃からスペースサービスの御愛顧ありがとうございます。

改めましてご報告・ご確認を皆様にさせていただく旨がございますのでご理解の上、熟考を御願い致します。

①板金&塗装・修理に関して

自動車の修理に於きまして、外観の仕上がり具合の部位で有りますが、「新車」及び「修理前」と同等の仕上がりは極めて難しく、御依頼頂きますお客様には深く理解を御願い申し上げます。

板金・修理による「再塗装」とは、あくまで「新車」のカラーコード(色番号)を基本に「色合わせ」を行います。

新車の設定カラーに近い「お色」を調合の上、塗装を行うのですが、どうしても「100%」元の色を復元することは出来ません。精度としては70%~80%の色復元が限界です。ただし、これまでの原状回復率を弊社承りの修理台数と照らし合わせますと、ほとんどのお客様は納車時には満足をして頂いておりますので、ご安心の上、板金・修理等の御依頼を御願い致します。

細かい御説明を各担当スタッフがご説明致しますので、御安心ください。 また「どのように修理をすれば良いのか?」と言った部分も、お客様の御希望に沿えるように努力しております。ご不明な部分が御座いましたら納得の出来るまでの御説明をさせて頂きます。

各施工、板金修理納車後のクレームには一切応じませんので御査収下さいませ。

②御持ち込みによるパーツ取り付けについて

御依頼が多い社外製HIDの設置


現在、主流であるLEDへの換装。


先ず、御持込み前提での部品取り付けに尽きましては取り付け工賃が弊社設定基準の1.5~2倍の工賃費用を頂いております。


また上記の様な電装パーツの場合、「通電」させるまで故障や不良品を見抜く事が出来ません。


よって、設置後の不具合や点灯不良に於きましては一切弊社では保証出来ませんので、あらかじめ御報告として公開させて頂きます。


各スタッフによる打ち合わせが必須となります。また取り付け施工には「予約」が必要になりますので御気軽に御問合せ下さいませ。


③ドレスアップパーツの取り付けについて

この4~5年で最も人気の有った「キャリパーカバー」愛車の足元を目立たせるクールアイテムですね。

一見すると、気軽に取り付け出来そうですよね・・・。

パーツキットはこの様な梱包です。

こちらの設置のご依頼も承っておりますが、純正キャリパーのボルトの一部利用をし、金属ステーを加工した取り付け方になります。取り付け時間も丸一日は掛かります。工賃も安くは有りません。

また取り付けの際、構造上どうしても純正キャリパー部位への小傷が発生してしまうケースも有りますし、ボルトが緩み、走行中脱落する場合も十分考えられます。

その場合の「保証」やその事案が起因した事故等などの「損害賠償」などは一切応じられませんのであくまでも「自己責任」で御願い致します。

ドレスアップはあくまで「自己責任」を理解して頂けませんと、受付けは一切致しません。

「ドアミラーカバー&LED」

人気アイテムの一つでもある、社外製ドアミラー。

今では多種多様なデザインも増え、車種別設計のものも多くなりました。

このアイテムは、室内のルームランプ系統からの電源を利用する訳ですが、製品によっては雨や洗車によって、「水滴」が浸入するケースも御座います。

水滴・水分が浸入してしまった場合、水分の完全除去はかなり厳しいケースとなります。

メリット・デメリットをお客様方で理解をして頂き、パーツ選択をしっかり行なうことが望ましいのです。

また比較的、廉価パーツは新品でも不良が発生する確率が高いのです。

諸々のケースを想定するべきであると思います。

設置納車後のクレームは一切受け付けしておりません

「エアロパーツ」(ボディキット等)

愛車の見栄えが「激変」するアイテム。それが外装パーツである、エアロパーツです。

取り付けには膨大な時間を費やすことに・・・・・。

エアロパーツには大きく分けて、純正バンパーの下部に取り付ける「ハーフタイプ」と純正バンパーを全て取り外して交換設置する「フルバンパータイプ」の二種から成り立ちます。

施工日数も10日~3週間程度とすぐには完成出来ません。また一番困難なケースは中古エアロパーツの取り付けなのです。

同じ車種から外して取り付けると言うシチュエーションなのですが、「歪み」「呷り(あおり)」「取り付け部位のワレ」などが大抵発生していて、その場合修正することから作業は始まります。

当然、塗装のやり直しを考えると費用も高額になって参ります。

先に述べた「色合わせ(カラー調合)」も重要になってきます。簡単では有りません。

また当然、完成納車お引渡し後のクレームには一切応じませんので御了承ください

弊社スタッフが「作業不可能」と判断したパーツ設置や修理などは基本的に受付け致しませんので御了承ください。

「社外製ヘッドライト」

最近では人気車種をメインに純正デザインと異なるデザインのヘッドライトも多種に渡り、販売されております。

ただし、商品自体を調べますと「純正ライト」よりも完成精度は低く、安易な交換について当店では正直お奨めしておりません

このように内部(インナー)が変更されているデザインも多々ですね。

社外ライトは高額な部品も有れば、お求め易い「廉価キット」の存在も・・・・・。

上記パーツの交換御依頼の場合、バンパーの脱着はもとより、タイヤハウス内の「インナーフェンダー」まで触る場合が御座いますので、どうしても純正レベルでの組み上げ・完成度は落ちます。

また、多くの社外製ヘッドライトは防水加工が施されていないばかりか、純正ヘッドライトで使用していたバルブ及び、バーナー(HID)形状が異なるモデルも多々有ります。

そう言った場合も想定し、お持込みでの装着御依頼の場合、「適合するバルブ・HID」の形状確認やポジションバルブ形状なども基本的にはお客様の方で調べて頂いている方針で有ります。

また社外ヘッドライトの「インナー部」(ヘッドライトの内部と基本骨格)は材質が純正のものより劣るせいか、ライトの発熱により変形する症例も確認しておりますので、そのような部分も御客様ご自身のご判断と確認での「自己責任」である事を前提とし、御承諾を頂いている状態です。 ちなみに純正ヘッドライト、純正テールランプの完成精度は高く、ほとんどの純正ライトが長期仕様でも故障しない精度なので、ヘッドライトの交換の際は本当によくお調べになって下さい。全ては御客様側の自己責任です。また、社外ヘッドライト・テールの装着により、メーターパネル内の「チェックランプ」「エアバッグ」「ABS」の表記表示が点滅、或いは常時点灯状態となってしまうケースも弊社では確認しております。

装着後の不具合など、一切保証は出来ません。

「ガルウィングドアへの変更」(シザーズドア仕様)

「スーパーカールック」に変貌させるカスタム。

注目の的間違い無いのですが・・・・。

このドア部のカスタム加工は弊社に於きましても、かなりの台数を御請けして販売して参りました。

しかしながら「パッと見」の華やかな印象は仕上がってから。基本的にこのカスタムに於いては依頼主であるオーナー様に深い理解を弊社でも訴求しなくてはならないカスタマイズなのです。

製作途中の状態

ホンダ CR-Z カッコいいですね。

デメリットの一覧を改めてご紹介して記載します。

①カスタム費用は相当高額になります。

②施工期間も車種によって「差」が生じますが完成納車に至るまでの平均預かり期間は三ヶ月~

③純正のドアには戻せない車種も有ります。(元に戻す前提条件の御考えの方からのオーダーは受付けておりません)

④ドアを引き揚げる際に利用されるドアダンパーは消耗部品です。特に運転席側は使用頻度が高くなりますのでダンパーの交換率は増大します。

⑤当然「保証」は御座いません。修理や補修は有料になります。

⑥ダンパー交換の目安は使用個人差が有りますので一概にどの位、保てるのかは不明です。

⑦ダンパー交換工賃は必要部品と合わせると片側で¥100.000~です。

⑧このカスタムが起因したケガや事故などが発生した場合は全てオーナー様の自己責任事案と当然なります。弊社はオーナー様に依頼されて製作をしただけの立場になりますので、引き渡し後の車両に尽きまして一切の保証はしませんし、弊社に責任は有りません。

カスタマイズに(車体改造)PL法は該当しません。

こちらはトヨタが1990年代に販売した「セラ」(SERA)量産車両のガルウィング車として世界初でしたね。

また、ガルウィング仕様にカスタムした車両の一部には、ドア部に属するハーネス加工によってウィンドウの上げ下げの異常や、メーターパネル内のチェックランプ等が点灯してしまうケースも有りますが、上記記載のような部位を全て飲み込んで頂ける御客様以外からのオーダーは一切、受付け出来ません。

以上、たくさんの事項記載をさせて頂きましたが、道路交通法規を守り、楽しいカーライフを趣味にして頂けたらと強く思う所存です。

カーカスタムはスペースサービスにお任せください。

スペースサービスでは、長年培ってきたクルマの知識と経験をフルに活かした、
カーパーツの取付けを実施いたしております。

スペースサービスでは、宇都宮市を中心に栃木県でカーカスタムを施工させていただいたいます。

愛車に最適なパーツの選定のご提案はもちろんのこと、愛車を独創的かつ魅力的にする
お手伝いもいたしますので、ぜひクルマのパーツ取付、カスタマイズで疑問やご要望がございましたら、お気軽にお申し付けください。